HOME記事カテゴリ > 水力発電

水力発電

水力発電は水が落差のある位置から移動して発電機に取り付けられたタービンを回転させて発電させるという単純なもので、水がもともとは太陽エネルギーに由来することから干×になりやすい地域では渇水の危険性もありますが、エネルギー供給に関しては枯渇することはありません。

そして火力発電や原子力発電に比べると日本での水力発電の割合は、減少しつつあるとはいうものの、火力発電や原子力発電同様に、日本に必要な電力発電の基本部分を担うという重要な役割を果たしています。

また、発電量によってその種類は大規模なダムを利用して100,000kw以上の発電出力をもつ"大規模水力発電"や中規模のダムを利用して発電出力が10,000kw~100,000kw程度の"中規模水力発電"、小規模のダムを利用して発電出力が1,000kw~10,000kw程度の"小規模水力発電"や100kw~1,000kw程度の"ミニ水力発電"、中小河川や用水路、さらにはトイレの洗浄水などの水流を利用した発電出力が100kW以下の"マイクロ水力発電"に分類されています。

これらの水力発電は、他の発電方法に比べると発電にかかるコストは安いと言われていますが、"大規模水力発電"は、ダムでの発電のことを言うことからもまずは"ダムの建設"というものがあってから可能になるものです。

そしてそこには巨額の建設費用や、自然環境との共生、地元住民との関係などさまざまな問題がおこることが懸念されますし、日本ではすでに水力発電に適した条件の場所は開発済みで、今後の開発は期待できないという問題も抱えています。


太陽光発電の基礎知識は、関連の情報収集にお役立てください。

免責事項

当サイトへの情報の掲載に関しては、万全を期しておりますが、正確性、最新性、有用性等その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。

当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被ったいかなる損害についても、管理者および管理者に情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。